ページトップへ戻る

情報まとめ非公式サイト



ぜんにじょうちひ(ぜんちじょうに ぼしょ)


写真中央にある高さ90.9cmの碑。
この供養塔に耳をあてると、極楽の声に似た音が聞こえるという言い伝えがあります。

音声ガイド 69番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル 



こばやしけぼしょ こばやしせいやくかぶしきがいしゃ ゆうえんぶっこしゃくようとう



もりしたけぼしょ じんたんゆうえんぶっこしゃくようびょう



ぱなそにっく ぼしょ



株式会社として建てられた企業墓としては記録上最も古いのがこの松下電器のもので、1938年とのこと。毎年9月に慰霊の法要を開いているそうです(情報元[日本経済新聞Web刊 2016/7/16])

2008年、松下電気からパナソニックに社名変更されて1日で石塔もパナソニックに変わったそうです(情報元[1])。
「松下電器墓所」の社名の碑は、現在も残っています。

エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  企業 



かぶしきがいしゃ くぼた (くぼたてっこうかぶしきがいしゃ ぼしょ)



みつごんどう



にっぽんぞうきせいやく かぶしきがいしゃ くようとう



いよ おおず かとうけ ぼしょ



うしゅう やまがた もがみよしあきこう ぼしょ



しんしゅう たかとお とりいけ ぼしょ



たんば いずし こいでけ ぼしょ



こうらいじん てきみかた せんししゃくようとう


高麗陣とは、1592年の文禄・慶長の役のこと。
島津家が活躍した、秀吉の朝鮮出兵のときのもの。
味方だけでなく敵方である高麗のためにも建てた供養塔。
島津家は敵方のためにも供養塔を建てたそうです。

音声ガイド 71番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  その他



じげんどう こうのそうかん かひ



ぶんご おか なかがわけ ぼしょ



あき あさのけ ぼしょ



「二番碑」と呼ばれ、奥の院で2番目に大きい石塔。
浅野長晟(ながあきら)夫人だった徳川家康の三女・振姫(ふりひめ)の墓。高齢出産のため、出産の16日後に38歳で亡くなった人物です(情報元[1])。

エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  大名 



まえだとしいえとまつのはか



右側(?)が前田利家の宝篋印塔。2010年頃発見されました。
くずれかかっているものが、夫人のまつのもの。
ガイドマップに載っておらず、案内標も立っていません。
まつが100カ日法要をしたとき生前葬をしたそうです。(情報元[1])

エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  大名  人物 



せんしゅう くまとり ねごろけ ぼしょ



ちょうしゅう もうりけ ぼしょ



びるまほうめん せんぼつ えいれい のうこつとう「ぱごだ」(びるまとう)



かんいんけ ぼしょ



いせ かめやま いしかわけ ぼしょ



えど しょうししゃ ついとうひ



うちゅうだいしんれい



びんご ふくやま みずのけぼしょ
エリア・分類別一覧

エリア別表示
エリア別に一覧を掲載していますが、
参道での配置順に合わせて正確に一覧化したものではありません。

分類別表示

関連書籍
次
前