ページトップへ戻る

非公式・個人運営 情報まとめサイト



ちくご やながわ たちばなけ ぼしょ



おうしゅう せんだい だてけ ぼしょ



いよ うわじま だてけ ぼしょ



かが まえだけ ぼしょ



さつま しまづけ ぼしょ



島津家は奥の院内に計3ヶ所あり、そのうちの1箇所。
島津斉彬は島津家28代目です。
エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



おかやま いけだけ ぼしょ



おかやま つやま もりけ ぼしょ



森蘭丸とは兄弟にあたる森忠政(もりただまさ。森左近衛中将忠政)によって立藩されたのが津山藩。
元々、柵がありましたが今は無くなっています。
すぐとなりに「森中将忠政墓所」があります。
エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



もりちゅうじょう ただまさ ぼしょ



やまぐち もうりけ ぼしょ



うご あきた さたけけ ぼしょ



ありまけ ぼしょ



筑後(福岡県)の有馬家の墓所。奥の院内に有馬豊氏の墓がもうひとつ別にあります。
エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



むさし いわつき おおおかけぼしょ(おおかえちぜんのかみ)くようとう



いよ こうのみちなお ぼしょ



河野水軍で知られる河野氏。右側が河野通直の母親、左が河野通直の墓(情報元[1])。
エリア  一の橋~①
ジャンル  大名  人物 



さたけよししげ れいおく



1599年建造。常陸国(茨城県)の戦国大名。
見つけづらい場所にあります。
一の橋の入口から歩いて、2つに分かれた参道が合流する地点の、左側の少し奥まった場所にあります。
エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



しもつけ おおたわらけ ぼしょ



せんしゅう きしわだ おかべけ ぼしょ



泉州は今の大阪府和泉市。
泉州 岸和田 岡部家墓所は奥の院にもう1つあります。
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名 



8だいしょうぐん よしむねこうのぼしょ



2015年もしくは2016年に「八代将軍吉宗公之墓所」の表示が掲げられました。
それ以前は、葵の御紋が描かれたものは置かれていました。
なぜ「大川家の墓」の場所にこの表示があるのか不明です。
この墓に問合せ先の電話番号も掲示されています(が、問い合わせていません)。
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



たかまつ まつだいらけ ぼしょ(きょうごくけ)



高松松平家の表示がありますが(2015年時点)、これは間違いで正しくは京極家の五輪塔だそうです(情報元[1])。
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名 



しんしゅう まつもと みずのけ ぼしょ



水野家の墓所は奥の院内に4、5ヶ所あるようです。
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名 



きしゅう しょだいはんしゅ とくがわよりのぶ ぼしょ



徳川家は日蓮宗だったので、密教の五輪塔は使わなかった可能性があるとのことです(情報元[1])。
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



しんしゅうすわけ ぼしょ



ひぜんなべしまけ ぼしょ



おうしゅうなんぶけ ぼしょ



ほっかいどう まつまえ まつまえけ ぼしょ



たけだしんげん・かつより ぼしょ




武田信玄とその息子、武田勝頼の墓所。
石門の奥に並んでいる苔むした2つの墓です。左の大きいほうが信玄、右の小さい方が勝頼の供養塔です。
武田信玄のほうは最初に3回忌のときに建てられたそうです(情報元[1])。

上段の写真は2012年、下段は2016年撮影。
音声ガイド 56番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



きしゅうとくがわけ7だい むねのぶぼしょ



紀州藩の第7代藩主、徳川宗将(とくがわむねのぶ)墓所。
紀州家は五輪塔を立てていないそうです。
音声ガイド 58番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



ばんしゅう ひめじ さかいけぼしょ



うえすぎけんしん れいびょう



重要文化財。
上杉謙信、景勝の廟で、桃山建築の影響を受けているとのこと。中に位牌が入っているそうです。
この場所からは見えませんが、武田信玄の墓と向い合せの位置関係で建っています。(情報元[1])
2017年7月4日から2018年3月31日までの期間をかけて檜皮葺き替え工事が行われました。写真は2017年の工事前に撮影したものです。

音声ガイド 57番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



よどどの(ちゃちゃ)・とよとみひでより



上杉謙信の霊屋から左にすすむと崩れている五輪塔があります。
右側が豊臣秀吉の側室である淀殿(茶々)、左側が豊臣秀吉の3男である秀頼の墓。ガイドマップにも載っていません(2015年現在)。(情報元[1])
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



きしゅうとくがわけ みつさだ つなのり よりもと むねなお ぼしょ



すおう いわくに よしかわけ ぼしょ



ひぜん ひらど まつうらけ ぼしょ



じょうしゅう たてばやし さかきばらやすまさ ぼしょ



あわ とくしま はちすかけ(はちすかころく)




中央の大きい五輪塔が蜂須賀小六の孫、蜂須賀至鎮(はちすかよししげ)の墓。
蜂須賀小六の墓は右側にある小さいもの。五輪塔ではなく、宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。
以前は鳥居もあったそうですが、2000年頃の台風で崩壊したとのことです(情報元[1])。

エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



こばやかわたかかげ・といだのおおかた




一番右側とその隣が、小早川隆景夫婦の墓。ガイドマップに載っていません。
右(定延家累代之墓の奥)が、小早川隆景。
左(池田家と書かれたものの奥)が正室である問田大方(といだのおおかた)。(情報元[1])
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



だてまさむね ぼしょ



伊達政宗一周忌のときに立てられた五輪塔。この五輪塔の周囲には後を追って殉死(切腹)した20人の墓があります。20人もの殉死の墓があるのは奥の院では珍しいとのこと。
奥の院内に伊達家は2ヶ所あります。
音声ガイド 61番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



とっとり いけだけ ぼしょ



いいかもんのかみ れいおく(いいなおすけ ぼしょ)



井伊直弼の霊屋。「掃部頭」は井伊直弼の官位の名称です。
見つけづらい場所にあります。
「中之橋霊園 この先200m」の看板の近く、参道左側です。
音声ガイド 60番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~②
ジャンル  大名  人物 



さがみ おだわら おおくぼけ ぼしょ



びんごふくやま みずのけ4だい かつたね ぼしょ



さつましまづけ しょだいいえひさ 2だいひさみつ つなひさ ぼしょ



真ん中の大きなものが島津家久。「4番石」と呼ばれる奥の院で4番目に大きい五輪塔。
島津綱久は2代光久の長男で、父より先に亡くなった人物です。
音声ガイド 62番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名  人物 



とさこうち やまうちけ ぼしょ



あけちみつひで ぼしょ




明智光秀の墓、首塚、胴塚は全国に8箇所ほどあるそうです。
織田信長の怨念によって、五輪塔を何度立てても割れてしまうという伝承があります。
明智光秀を示す銘文がなく、あくまで伝承で光秀の墓といわれているとのことです(情報元[1])。
音声ガイド 64番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名  人物 



いしだみつなり ぼしょ



石田三成が30歳のときに生前葬をして建てたもの。
天正18年(1590年)当時ではこの五輪塔が一番大きかったとのことです(情報元[1])。
音声ガイド 63番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名  人物 



しんしゅう たかとお ないとうけ ぼしょ



じょうしゅう たかさき あんどうけ ぼしょ



いせ つ とうどうけ ぼしょ



かわち たかぎけ ぼしょ



おうしゅう そうまけ ぼしょ



ちょうしゅう はぎ ますだけ ぼしょ



ひゅうが おび いとうけ



きしゅうとくがわけ 8だいしげのり 9だいはるさだ 11だいなりゆき 12だいなりかつ ぼしょ



ちくご くるめ ありまけ ぼしょ



有馬豊氏が有名な有馬家の墓所。奥の院には有馬家の墓所がもう一つあります。
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名 



むつ しらかわにほんまつ にわけ ぼしょ



丹羽長重(ながしげ)墓所、丹羽重長(しげなが)の嫡男にあたる人物。
二本松城主。3回忌で建てたもの(情報元[1])。
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名 



でわ しょうないはんしゅ さかいけ ぼしょ



いせくわなじょうしゅ ほんだただかつ ぼしょ




右から2つ目の大きなほうが本多忠勝の宝篋印塔。
その左の小さい方が奥様のもの(情報元[1])。
エリア  一の橋~③
ジャンル  大名  人物 



しんしゅう いいやま さくまけ ぼしょ



えんしゅう かけがわ ほうじょうけ ぼしょ



せんしゅう きしわだ おかべけ ぼしょ



いよ おおず かとうけ ぼしょ



うしゅう やまがた もがみよしあきこう ぼしょ



しんしゅう たかとお とりいけ ぼしょ



たんば いずし こいでけ ぼしょ



ぶんご おか なかがわけ ぼしょ



あき あさのけ ぼしょ




「二番碑」と呼ばれ、奥の院で2番目に大きい石塔。
浅野長晟(ながあきら)夫人だった徳川家康の三女・振姫(ふりひめ)の墓。高齢出産のため、出産の16日後に38歳で亡くなった人物です(情報元[1])。
エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  大名 



まえだとしいえとまつのはか




右側(?)が前田利家の宝篋印塔。2010年頃発見されました。
くずれかかっているものが、夫人のまつのもの。
ガイドマップに載っておらず、案内標も立っていません。
まつが100カ日法要をしたとき生前葬をしたそうです。(情報元[1])
エリア  一の橋~④ 合流地点まで
ジャンル  大名  人物 



せんしゅう くまとり ねごろけ ぼしょ



ちょうしゅう もうりけ ぼしょ



いせ かめやま いしかわけ ぼしょ



びんご ふくやま みずのけぼしょ



すうげんいん(とくがわひでただふじん)ぼしょ (ごうひめ)



浅井長政の3女であり2代将軍秀忠の妻である、江(ごう)の石碑。
墓石の高さは6.6m。一番下の基段は畳8帖ぶんの大きさ。
「一番石」「一番碑」と呼ばれ、奥の院で最も大きい五輪塔です。

寛永4年(1627年)、江の1周忌のときに建てたもので、建てたのは弟の忠長。
江の戒名である崇源院殿(すうげいいんでん)と刻まれています(情報元[1])。
音声ガイド 73番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



てんじゅいん せんひめ くようとう



豊臣秀頼・本多忠刻の正室、千姫の供養塔。
母親である江の墓の近くにあります。
天樹院は号(本名とは別に使用する名)です。
音声ガイド 72番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



えちごむらかみ ほりけ ぼしょ



おうしゅう なんぶけ ぼしょ



まえだとしなが ごりんとう(かが まえだけ くようとう)



かが まえだとしながふじん ぼしょ



三番碑の向かい側(御廟に向かう方向を見て参道左側)に立っているのが前田利長の奥さんの栄姫(えいひめ)の墓所。織田信長の5女。
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



えちぜん ゆうきひでやす れいおく



「結城秀康(家康次男)石廟」の表示があります。
重要文化財。 右側が徳川家康の次男 徳川秀康(松平秀康)。左側が母親である、お万の方。
越前から運ばれた笏谷石(しゃくだにいし)で作られており、当初は極彩色だったとのこと。
中には総金箔の石塔が入っているそうです。(情報元[1])
音声ガイド 76番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



あき あさのけ3だい あさのゆきなが くようとう



「2番石」と呼ばれ、奥之院で2番目に大きな五輪塔。
中央が浅野長政。右側が幸長(ゆきなが 2代目)の供養塔。
音声ガイド 78番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



かがまえだ 2だいめ としなが ぼしょ



みのかもじょうしゅ まつだいら ただまさ ぼしょ



さがみ みうら むかいけ ぼしょ



あき あさのけ ぼしょ



とよとみけ ぼしょ




秀吉の墓は中央の大きいもので、1940年(昭和15年)に奉公会という秀吉を信奉する人々が建てた新しいもの。墓の中には、秀吉の衣冠束帯(正装した姿)の木造がおさめられているという言い伝えがあります(情報元[1])。
前面にあるのは、一族の墓です。

「高野山ガイドブック」(金剛峯寺 2015年発行)によると 一族の供養塔や逆修碑は1587年〜1592年にかけて建立されたとあります。
逆修碑(ぎゃくしゅひ)とは生前に建てた碑のことです。
音声ガイド 79番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 

エリア・分類別一覧

[ エリア別表示 ]


[ 分類別表示 ]
エリア別に一覧を掲載していますが、
参道での配置順に合わせて正確に一覧化したものではありません。

関連書籍 Amazon
高野山の秘密
語り/元高野山奥之院
維那・日野西眞定(著)
お経/
高野山真言宗 壇信徒勤行

高野山真言宗教学部
[CD / 試聴可能]
般若心経など収録
高野山の声明/大曼荼羅供
高野山声明の会
[CD]
声明
高野山金剛峯寺僧侶
[CD]
高野山 (岩波新書)
松長有慶(著)
空海の風景〈上〉
(中公文庫)

司馬遼太郎
なか見検索 可能
空海の風景〈下〉
(中公文庫)

司馬遼太郎
なか見検索 可能
阿・吽 1
おかざき真里(著)

最澄と空海を描いたマンガ
歴史の旅
中世の高野山を歩く

霊宝館副館長
高野山大学名誉教授
山陰加春夫(著)
空海 [DVD]
(主演:北大路欣也)
次
前