ページトップへ戻る

情報まとめ非公式サイト



いちのはし


玉川にかかる橋、一の橋。
ここから奥之院の参道が始まります。
この橋の手前側(道路を挟んだ反対側)の観光案内所に、奥之院のガイドマップなどがあります。


音声ガイド 49番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~①
ジャンル  その他



かいぐんだい14き ひこうせんしゅうよびがくせい せんぼつしゃいれいとう (ああ どうきのさくら)


特攻隊の慰霊塔。
碑に刻まれている「散る櫻 残る櫻も 散る櫻」は、曹洞宗の僧侶、良寛和尚の辞世の句とされているもの。鶴田浩二の歌のタイトルでもあります(1979年/昭和54年リリース)。特攻隊の遺書にも記されることが多かったようです。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大戦 



つるたこうじ ぼひ


俳優・歌手であった鶴田浩二の墓碑。1987年(昭和62年)没。
位牌は高野山の大圓院にあります(情報元 Wikipedia)。
鶴田浩二は戦時中に整備士として特攻隊員を見送っており、また歌手として「同期の桜」を歌っていますが、この墓碑のすぐとなりに海軍第十四期飛行予備学生戦没者慰霊塔「同期の桜」の塔があります。

[Wikipedia]
ウィキペディア
Wikipedia
維基百科


エリア  一の橋~①
ジャンル  人物 



ちくご やながわ たちばなけ ぼしょ



おうしゅう せんだい だてけ ぼしょ



いよ うわじま だてけ ぼしょ



かが まえだけ ぼしょ



しばりょうたろう ぶんがくひ


平成20年(2008年)9月建立。
司馬遼太郎のエッセイ『歴史の舞台−文明のさまざま』収録の「高野山管見(こうやさんかんけん)」の冒頭部分が刻まれています。

歴史の舞台 文明のさまざま(Amazon)
司馬遼太郎が考えたこと〈10〉エッセイ 1979.4~1981.6 (新潮文庫)(Amazon)
参考:高野山奥の院に司馬遼太郎の碑建立(2009秋-No.38)(持明院「はすの会」)


[Wikipedia]
ウィキペディア
Wikipedia
維基百科


エリア  一の橋~①
ジャンル  その他



そがきょうだいと ちち かわづさぶろうのくようとう


曾我祐成(そがすけなり)と曾我時致(そがときむね)の兄弟と、その父、河津祐泰(かわづすけやす)の供養塔。
河津三郎祐泰とも。相撲の決まり手「かわづがけ」の語源となった人物です。

曾我兄弟の仇討ち(Wikipedia)


音声ガイド 51番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~①
ジャンル  人物 



 


五輪塔が崩れて転がっていますが、鎌倉時代後期のものだそうです(情報元[1])。

エリア  一の橋~①
ジャンル  その他



ゆうづうねんぶつしゅう ほうみょうしょうにん くようとう


高野山で修行を行った融通念仏の僧、法明上人 (開祖ではありません)の供養塔です。

エリア  一の橋~①
ジャンル  人物 



さつま しまづけ ぼしょ


島津家は奥の院内に計3ヶ所あり、そのうちの1箇所。
島津斉彬は島津家28代目です。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



おかやま いけだけ ぼしょ



おかやま つやま もりけ ぼしょ


森蘭丸とは兄弟にあたる森忠政(もりただまさ。森左近衛中将忠政)によって立藩されたのが津山藩。
元々、柵がありましたが今は無くなっています。
すぐとなりに「森中将忠政墓所」があります。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



もりちゅうじょう ただまさ ぼしょ



ちょういし


この町石の寄進者の名前が残されているそうです。
町石については別のページにまとめました。
[ 町石 ]

エリア  一の橋~①
ジャンル  町石 



やまぐち もうりけ ぼしょ



うご あきた さたけけ ぼしょ



ありまけ ぼしょ


筑後(福岡県)の有馬家の墓所。奥の院内に有馬豊氏の墓がもうひとつ別にあります。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



かぶしきがいしゃ とりしませいさくしょ


ポンプなどの製造を手掛ける酉島製作所の企業墓。大阪に本社があります。

エリア  一の橋~①
ジャンル  企業 



こうくうじゅんなんしゃのひ しんめいわこうぎょうかぶしきがいしゃ



かんとうだいしんさいとうじのとうきょうしちょう ながた ひでじろう ぼしょ



かんとうだいしんさい おうししゃくようとう



たいしんけいきょうりゅうこう ちゅうごくひ (けいきょうひ)


景教とは、キリスト教の一派「ネストリウス派」の唐代の中国での呼び名。
景教碑は、wikipediaによると「明末に長安の崇聖寺の境内で発掘された古碑。ネストリウス派(景教)の教義や中国への伝来などを刻す」碑とのことで、ここにあるものは模造碑(レプリカ)です。

参考:大秦景教流行中国碑(Wikipedia)


音声ガイド 52番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~①
ジャンル  その他



しんらんしょうにん えんじょうかねざねこう かくしんに ぼしょ


親鸞の7人の子供のうちの末娘、覚信尼(かくしんに)の墓。
推測ですが、「圓證兼実」は九条兼実(くじょうかねざね)の法名である「円証」、読みは「えんじょうかねざねこう」あるいは「えんしょうかねざねこう」かと思います。

エリア  一の橋~①
ジャンル  人物 



くまがいなおざね・たいらのあつもり くようとう


熊谷蓮生(くまがいれんしょう)とも。蓮生は法名。
見つけづらい場所にあります。
2017年5月時点で、それと分かる案内標は建っていないようです。
一の橋の入口から歩いて、参道が2つに分かれる場所で右側を進み、ふたたび合流する手前。左側のやや高い位置にあります。
「親鸞上人圓證兼実公覺信尼墓所」の右隣にあります。

参考文献:「高野山ガイドブック」(総本山金剛峯寺 発行)

音声ガイド 53番 [ 一覧 ]
エリア  一の橋~①
ジャンル  人物 



むさし いわつき おおおかけぼしょ(おおかえちぜんのかみ)くようとう



いよ こうのみちなお ぼしょ


河野水軍で知られる河野氏。右側が河野通直の母親、左が河野通直の墓(情報元[1])。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大名  人物 



さたけよししげ れいおく


1599年建造。常陸国(茨城県)の戦国大名。
見つけづらい場所にあります。
一の橋の入口から歩いて、2つに分かれた参道が合流する地点の、左側の少し奥まった場所にあります。

エリア  一の橋~①
ジャンル  大名 



しもつけ おおたわらけ ぼしょ
エリア・分類別一覧

エリア別表示
エリア別に一覧を掲載していますが、
参道での配置順に合わせて正確に一覧化したものではありません。

分類別表示

関連書籍
次
前