ページトップへ戻る

情報まとめ非公式サイト



すうげんいん(とくがわひでただふじん)ぼしょ (ごうひめ)


浅井長政の3女であり2代将軍秀忠の妻である、江(ごう)の石碑。
墓石の高さは6.6m。一番下の基段は畳8帖ぶんの大きさ。
「一番石」「一番碑」と呼ばれ、奥の院で最も大きい五輪塔です。

寛永4年(1627年)、江の1周忌のときに建てたもので、建てたのは弟の忠長。
江の戒名である崇源院殿(すうげいいんでん)と刻まれています(情報元[1])。

音声ガイド 73番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



てんじゅいん せんひめ くようとう


豊臣秀頼・本多忠刻の正室、千姫の供養塔。
母親である江の墓の近くにあります。
天樹院は号(本名とは別に使用する名)です。

音声ガイド 72番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



しかんがっこう いれいとう



えちごむらかみ ほりけ ぼしょ



ばしょうくひ


「父母の しきりにこいし 雉の声」と刻まれています。
元禄元年(1688年)、芭蕉が45歳の時に詠んだ句です。

音声ガイド 74番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  その他



おけしょうじぞう



おおつろうじょうせんししゃついとうひ


1600年の大津城の戦いに関する追悼碑。この戦いのあと京極高次が高野山に出家しています。すぐ近くに京極高次の宝篋印塔があります。

大津城の戦い(Wikipedia)


エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル 



きょうごくたかつぐ


京極高次の宝篋印塔(ほうきょういんとう)。2015年時点でガイドマップに掲載されておらず、案内標も立っていません(情報元[1])
浅井長政の宝篋印塔の近くにあります。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  人物 



あざいながまさ


浅井長政の宝篋印塔。案内標もなくガイドマップにも載っていません(2015年現在)。(情報元[1])
赤く塗られたお地蔵さん「お化粧地蔵」が目印です。
「大津籠城戦死者追悼」の奥の木の脇にあります。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  人物 



ちょういし


道標として等間隔に建てられた石塔です。
町石については別のページにもまとめてあります。
[ 町石 ]

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  町石 



ぶも おんじゅう ひ(ぶぼ おんじゅう ひ)



おうしゅう なんぶけ ぼしょ



まえだとしなが ごりんとう(かが まえだけ くようとう)



かが まえだとしながふじん ぼしょ


三番碑の向かい側(御廟に向かう方向を見て参道左側)に立っているのが前田利長の奥さんの栄姫(えいひめ)の墓所。織田信長の5女。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



えちぜん ゆうきひでやす れいおく


「結城秀康(家康次男)石廟」の表示があります。
重要文化財。 右側が徳川家康の次男 徳川秀康(松平秀康)。左側が母親である、お万の方。
越前から運ばれた笏谷石(しゃくだにいし)で作られており、当初は極彩色だったとのこと。
中には総金箔の石塔が入っているそうです。(情報元[1])

音声ガイド 76番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



ほうねんしょうにん えんこうだいし くようとう


浄土宗の開祖、法然。圓光大師とも表記されています。
「円光」は法然の死後につけられた名前=諡号(しごう)です。

音声ガイド 77番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  人物 



あき あさのけ3だい あさのゆきなが くようとう


「2番石」と呼ばれ、奥之院で2番目に大きな五輪塔。
中央が浅野長政。右側が幸長(ゆきなが 2代目)の供養塔。

音声ガイド 78番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



かがまえだ 2だいめ としなが ぼしょ



よこはま めいりんがくえん・よこはませいふうこうとうがっこう



みのかもじょうしゅ まつだいら ただまさ ぼしょ



さがみ みうら むかいけ ぼしょ



あき あさのけ ぼしょ



あみだぶつ みょうごうのひ


名号とは、仏や菩薩の名のことを意味します。
「各号の碑」と書かれているように見えますが、「名号の碑」です。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  その他



ふでづか



たからいきかく くひ


松尾芭蕉の弟子で「蕉門十哲」と呼ばれるうちの一人、宝井其角の句碑。
「卵塔の 鳥居やけにも 神無月」とあります。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  その他



とよとみけ ぼしょ



秀吉の墓は中央の大きいもので、1940年(昭和15年)に奉公会という秀吉を信奉する人々が建てた新しいもの。墓の中には、秀吉の衣冠束帯(正装した姿)の木造がおさめられているという言い伝えがあります(情報元[1])。
前面にあるのは、一族の墓です。

「高野山ガイドブック」(金剛峯寺 2015年発行)によると 一族の供養塔や逆修碑は1587年〜1592年にかけて建立されたとあります。
逆修碑(ぎゃくしゅひ)とは生前に建てた碑のことです。

音声ガイド 79番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  大名  人物 



おだのぶなが・つついじゅんけい ぼしょ


織田信長に仕えた筒井順慶と隣同士になっています。
信長の墓所は全国に20箇所以上あるそうです。
明智光秀の墓からは1kmほど離れています。
信長に仕えた筒井順慶と隣同士になっています。


音声ガイド 80番 [ 一覧 ]
エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  人物 



うちゅうあん ちょうけい じゅひ



あさのたくみのかみ ぼしょ あこうしじゅうしちしのひ



こうざんおうご しょうにん びょう(もくじきおうごしょうにん れいおく)


安土桃山時代の僧。「木喰」と表記する場合もあります。
豊臣秀吉の高野山攻めを阻止した立役者です。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  人物 



しょうとくでん



ごくしょ



あじみじぞう


御供所のすぐ隣にあります。
生身供で弘法大師に届ける食事を毒味する儀式が行われる場所。毒味をするのは僧ではなく、この地蔵ということかと思われます。
生身供については別項で詳しく解説します。
[生身供]

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  その他





護摩堂のわきに、公衆トイレへ向かう通路があります。そこを進むと「バリアフリー経路」の看板が見える門があります。
石段を登らずに「燈籠堂」まで向かうことができます。

エリア  合流地点~御廟橋
ジャンル  その他



ごまどう



みずむけじぞう
エリア・分類別一覧

エリア別表示
エリア別に一覧を掲載していますが、
参道での配置順に合わせて正確に一覧化したものではありません。

分類別表示

関連書籍
次
前