高野山 奥の院 かなり完璧ガイド
特集記事







高野山 奥之院 かなり完璧ガイド
歴史上の人物や戦国大名の墓・供養塔・見どころを紹介。
ガイドマップに載っていないお墓も掲載!

和歌山県にある真言宗の総本山・高野山。
数多くの歴史上の人物や全国の藩主・大名の墓、珍しい形の墓や供養塔があるのが
「奥の院」と呼ばれる場所です。
Wikipediaによれば戦国大名の6割以上の墓がここにあるとのこと。

参道が作られたのは平安時代後期から鎌倉時代。
「一の橋」の入口から、空海が今も瞑想を続ける「御廟(ごびょう)」まで続く参道は約1.9km。
参道の両脇には20万もの墓や供養塔が立ち並んでいます。

奥の院の参道の入り口は2ケ所あります。
・歴史上の人物の墓を見るなら、「一の橋」(バス停:奥の院口)からのルート
・企業の慰霊碑を見るなら、「中の橋大駐車場」(バス停:奥の院前)からのルート
がオススメです。
2つのルートは途中で合流し、御廟へと続きます。


おもな 墓・供養塔 一覧 (参道入口〜御廟までの経路順)


参道の入口は2つ。

お墓 配置マップ β版


一の橋からの主要な墓の地図です。

… 別ウィンドウで開きます。
… 名称を一覧表示します。

奥の院の墓や供養塔などを網羅した「高野山奥の院の墓碑をたずねて」というリーフレットが発売されています。
非常に詳しく正確に記されているものですので、墓の配置を詳しく知りたい方はご購入をお勧めします。
尚、ここに掲載している「お墓 配置マップ」は、このリーフレットの入手前に自力で作成したものです。



凡例



おもな 墓・供養塔ガイド(「一の橋」からのルート)

歴史上の人物の墓を見るなら、この一の橋からのルートがオススメです。



一の橋 いちのはし


玉川にかかる橋、一の橋。
ここから奥之院の参道が始まります。
この橋の手前側(道路を挟んだ反対側)に観光案内所があり、奥之院のガイドマップなどがあります。



海軍第十四期飛行専修予備学生 戦没者慰霊塔(あゝ同期の櫻) かいぐんだい14き ひこうせんしゅうよびがくせい せんぼつしゃいれいとう
(ああ どうきのさくら)



 



鶴田浩二 墓碑 つるたこうじ ぼひ



場所:一の橋をわたってすぐ左側。

俳優・歌手であった鶴田浩二の墓碑。
1987年(昭和62年)没。
位牌は高野山の大圓院にあります(情報元 Wikipedia)
この墓碑のすぐとなりに、海軍第十四期飛行予備学生戦没者慰霊塔「同期の桜」の塔があります。



筑後 柳河 立花家 墓所 ちくご やながわ たちばなけ ぼしょ



 



奥州 仙台 伊達家墓所(伊達家2代目) おうしゅう せんだい だてけ ぼしょ



 



伊予 宇和島 伊達家墓所 いよ うわじま だてけ ぼしょ



 



加賀 前田家 墓所 かが まえだけ ぼしょ



前田利家を藩祖とする加賀藩の墓所



司馬遼太郎 文学碑 しばりょうたろう ぶんがくひ



平成20年(2008年)9月建立。
司馬遼太郎のエッセイ『歴史の舞台−文明のさまざま』収録の「高野山管見(こうやさんかんけん)」の冒頭部分が刻まれています。

歴史の舞台 文明のさまざま(Amazon)
司馬遼太郎が考えたこと〈10〉エッセイ 1979.4~1981.6 (新潮文庫)(Amazon)
参考:高野山奥の院に司馬遼太郎の碑建立(2009秋-No.38)(持明院「はすの会」)



曽我兄弟と父可津三郎の供養塔 そがきょうだいと ちち かわづさぶろうのくようとう



[音声ガイド 51]

曾我祐成(そがすけなり)と曾我時致(そがときむね)の兄弟と、その父、河津祐泰(かわづすけやす)の供養塔。
河津三郎祐泰とも。相撲の決まり手「かわづがけ」の語源となった人物だそうです。

曾我兄弟の仇討ち(Wikipedia)



鎌倉時代後期の五輪塔



五輪塔が崩れて転がっていますが、鎌倉時代後期のものだそうです(情報元[1])。



融通念仏宗 法明上人 供養塔 ゆうづうねんぶつしゅう ほうみょうしょうにん くようとう



高野山で修行を行った融通念仏の僧、法明上人の供養塔です。
(開祖ではありません)



薩摩 島津家 墓所 さつま しまづけ ぼしょ



島津家は奥の院内に計3ヶ所あります。
島津家墓所は3箇所あり、そのうちの1箇所。 島津斉彬は島津家28代目です。



岡山 池田家 墓所 おかやま いけだけ ぼしょ



 



岡山 津山森家 墓所 おかやま つやま もりけ ぼしょ



元々、柵がありましたが今は無くなっています。
森蘭丸とは兄弟にあたる森忠政(もりただまさ。森左近衛中将忠政)によって立藩されたのが津山藩。
すぐとなりに「森中将忠政墓所」があります。



森中将 忠政 墓所 もりちゅうじょう ただまさ ぼしょ



森左近衛中将忠政とも。森蘭丸とは兄弟。



町石 (19町) ちょういし



この町石の寄進者の名前が残されているそうです。
町石については別のページに詳しくまとめました。
[ 町石 ]



山口 毛利家 墓所 やまぐち もうりけ ぼしょ



周防、山口の毛利家。



羽後 秋田 佐竹家 墓所 うご あきた さたけけ ぼしょ






有馬家 墓所 ありまけ ぼしょ



筑後の有馬。奥の院内に有馬豊氏の墓がもうひとつ別にあります。



株式会社 酉島製作所 かぶしきがいしゃ とりしませいさくしょ



「トリシマポンプ」の酉島製作所。



航空殉難者之碑 新明和工業株式会社 こうくうじゅんなんしゃのひ しんめいわこうぎょうかぶしきがいしゃ



ロケットの形をした慰霊碑で有名な新明和工業が建立。
関連:新明和工業 慰霊碑



関東大震災当時の東京市長 永田秀次郎墓所 かんとうだいしんさいとうじのとうきょうしちょう ながた ひでじろう ぼしょ



参考:永田秀次郎(Wikipedia)



関東大震災横死者供養塔 かんとうだいしんさい おうししゃくようとう



[音声ガイド 50]

関東大震災から7年後の1930年、当時の東京市長であった永田秀次郎(ながたひでじろう)が私財で建てたものだそうです。
参考:高野山で関東大震災犠牲者の名簿タイル見つかる(WBS 和歌山放送 2014年3月7日)

すぐとなりに「関東大震災当時の東京市長 永田秀次郎墓所」があります。



大秦景教流行中国碑 (景教碑) たいしんけいきょうりゅうこう ちゅうごくひ (けいきょうひ)



[音声ガイド 52]

景教とは、キリスト教の一派「ネストリウス派」の唐代の中国での呼び名。
景教碑は、wikipediaによると「明末に長安の崇聖寺の境内で発掘された古碑。ネストリウス派(景教)の教義や中国への伝来などを刻す」碑とのことで、高野山にあるものは模造碑(レプリカ)です。

参考:大秦景教流行中国碑(Wikipedia)



親鸞上人圓證兼実公覺信尼墓所 しんらんしょうにん えんじょうかねざねこう かくしんに ぼしょ



親鸞の7人の子供のうちの末娘、覚信尼(かくしんに)の墓。
推測ですが、「圓證兼実」は九条兼実(くじょうかねざね)の法名である「円証」、読みは「えんじょうかねざねこう」あるいは「えんしょうかねざねこう」かと思います。



熊谷直実・平敦盛 供養塔 くまがいなおざね・たいらのあつもり くようとう



[音声ガイド 53]

熊谷蓮生(くまがいれんしょう)とも。蓮生は法名。

見つけづらい場所にあります。
2017年5月時点で、それと分かる案内標は建っていないようです。
一の橋の入口から歩いて、参道が2つに分かれる場所で右側を進み、ふたたび合流する手前。左側のやや高い位置にあります。
「親鸞上人圓證兼実公覺信尼墓所」の右隣にあります。

参考文献:「高野山ガイドブック」(総本山金剛峯寺 発行)



武蔵 岩槻 大岡家墓所(大岡越前守) むさし いわつき おおおかけぼしょ(おおかえちぜんのかみ)



[音声ガイド 54]



伊予 河野通直 墓所 いよ こうのみちなお ぼしょ



河野水軍で知られる河野氏。右側が河野通直の母親、左が河野通直の墓(情報元[1])。



佐竹義重 霊屋 さたけよししげ れいおく



1599年建造。
見つけづらい場所にあります。
一の橋の入口から歩いて、2つに分かれた参道が合流する地点の、左側の少し奥まった場所にあります。



下野 大田原家 墓所 しもつけ おおたわらけ ぼしょ






町石 (20町) ちょういし



[音声ガイド 43]

道標として、等間隔に建てられた石塔。
鎌倉時代のもの。

町石については別のページにまとめました。
[ 町石 ]



泉州 岸和田 岡部家墓所@ せんしゅう きしわだ おかべけ ぼしょ



拡大写真なし
泉州は今の大阪府和泉市。
泉州 岸和田 岡部家墓所は奥の院にもう1つあります。



江崎グリコ株式会社 墓所 えざきぐりこかぶしきがいしゃ ぼしょ




江崎グリコの創業者、江崎利一(えざきりいち)と、従業員物故者の墓。
墓石の家紋の部分がグリコのランナーのマークになっています。



八代将軍 吉宗公之墓所 8だいしょうぐん よしむねこうのぼしょ



2015年もしくは2016年に「八代将軍吉宗公之墓所」の表示が掲げられました。
それ以前は、葵の御紋が描かれたものは置かれていました。
なぜ「大川家の墓」の場所にこの表示があるのか不明です。
この墓に問合せ先の電話番号も掲示されています(が、問い合わせていません)。



弘法大師 御尊像 こうぼうだいし ごそんぞう



 



高松 松平家 墓所(京極家) たかまつ まつだいらけ ぼしょ(きょうごくけ)



高松松平家の表示がありますが(2015年時点)、これは間違いで正しくは京極家の五輪塔だそうです(情報元[1])。



町石 (21町) ちょういし






満州高野開拓団犠牲者の碑 まんしゅうこうやかいたくだんぎせいしゃのひ



 



多田満仲 墓所 ただのみつなか ぼしょ



[音声ガイド 55]

源満仲(みなもとのみつなか)とも。



信州松本 水野家 墓所 しんしゅう まつもと みずのけ ぼしょ



水野家の墓所は奥の院内に4、5ヶ所あるようです。



紀州 初代藩主 徳川頼宣 墓所 きしゅう しょだいはんしゅ とくがわよりのぶ ぼしょ



徳川家は日蓮宗だったので、密教の五輪塔は使わなかった可能性があるとのことです(情報元[1])。



蛇柳供養塔(蛇柳跡) じゃやなぎくようとう(じゃやなぎあと)



弘法大師が大蛇を封じ込めたとされる場所。

参道から見えない場所にあります。
参道ではなく、国道371号線の歩道の石垣が途切れている場所から入ったほうが分かりやすいです。



四国八十八ヶ所霊場の本尊



四国のお遍路88ヶ所をめぐったのと同じ御利益があるとされる場所。
四国のお遍路88ヶ所のお寺の本尊と同じ仏様が並んでいます。
テレビ番組で紹介されたように毎日新聞5代社長の墓の脇から入る必要はなく、国道371号線の歩道の石垣がところどころ切れていますので、そこから入ることができます。
番組で「裏ルート」と紹介されていた通りは、Googleマップ上では「玉川通」と記載されています。
計測していませんが往復1kmほどになるかと思いますので、すべて歩くのには時間がかかります。
(情報元[4])



毎日新聞社5代社長 本山彦一の墓 まいにちしんぶんしゃ5だいしゃちょう もとやまひこいちのはか



大阪毎日新聞社の元社長。「松蔭翁三十三回忌」と刻まれた碑が立っていますが、本山彦一の号が「松蔭」だったようです。



授籌地蔵 かずとりじぞう



奥の院を通った回数をカウントしてくれている地蔵。
死後、閻魔大王のところで「この人は、○回も奥の院に来ているから罪を軽くしてあげてください」と言ってくれるのだそうです。



信州諏訪家 墓所 しんしゅうすわけ ぼしょ



 



肥前鍋島家 墓所 ひぜんなべしまけ ぼしょ



 



奥州南部家 墓所 おうしゅうなんぶけ ぼしょ



 



北海道 松前 松前家墓所 ほっかいどう まつまえ まつまえけ ぼしょ



北海道松前郡



武田信玄・勝頼 墓所 たけだしんげん・かつより ぼしょ




[音声ガイド 56]

石門の奥に並んでいる苔むした2つの墓です。左の大きいほうが信玄、右の小さい方が勝頼の供養塔です。
武田信玄のほうは最初に3回忌のときに建てられたそうです(情報元[1])。

上段は2012年、下段は2016年撮影。



町石 (22町) ちょういし



 



弘法大師の腰掛け石 こうぼうだいしのこしかけいし



[音声ガイド 59]

弘法大師が休憩のため腰をかけたといわれている石。



紀州徳川家7代 宗将墓所(紀州徳川家 供養塔) きしゅうとくがわけ7だい むねのぶぼしょ



[音声ガイド 58]

紀州藩の第7代藩主、徳川宗将(とくがわむねのぶ)墓所。
紀州家は五輪塔を立てていないそうです。



播州 姫路 酒井家墓所 ばんしゅう ひめじ さかいけぼしょ



 



上杉謙信 霊廟 うえすぎけんしん れいびょう



[音声ガイド 57][重要文化財]

上杉謙信、景勝の廟で、桃山建築の影響を受けているとのこと。中に位牌が入っているそうです。
この場所からは見えませんが、武田信玄の墓と向い合せの位置関係で建っています。(情報元[1])



淀殿(茶々)・豊臣秀頼 よどどの(ちゃちゃ)・とよとみひでより



上杉謙信の霊屋から左にすすむと崩れている五輪塔があります。
右側が豊臣秀吉の側室である淀殿(茶々)、左側が豊臣秀吉の3男である秀頼の墓。ガイドマップにも載っていないそうです(2015年現在)。(情報元[1])



紀州徳川家 2代光貞 3代綱教 4代頼職 6代宗直 墓所 きしゅうとくがわけ みつさだ つなのり よりもと むねなお ぼしょ



 



周防 岩国 吉川家 墓所 すおう いわくに よしかわけ ぼしょ



 



肥前 平戸 松浦家 墓所 ひぜん ひらど まつうらけ ぼしょ



 



上州 館林 榊原康政 墓所 じょうしゅう たてばやし さかきばらやすまさ ぼしょ



拡大写真なし
上州は今の群馬県。



阿波 徳島 蜂須賀家(蜂須賀小六) あわ とくしま はちすかけ(はちすかころく)




中央の大きい五輪塔が蜂須賀小六の孫、蜂須賀至鎮(はちすかよししげ)の墓。
蜂須賀小六の墓は右側にある小さいもの。五輪塔ではなく、宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。
以前は鳥居もあったそうですが、2000年頃の台風で崩壊したとのことです(情報元[1])。



小早川隆景・問田大方 こばやかわたかかげ・といだのおおかた




一番右側とその隣が、小早川隆景夫婦の墓。
右(定延家累代之墓の奥)が、小早川隆景。
左(池田家と書かれたものの奥)が正室である問田大方(といだのおおかた)。ガイドマップにも載っていない情報です。 (情報元[1])



伊達政宗 墓所 だてまさむね ぼしょ



[音声ガイド 61]

伊達政宗1周忌のときに立てられた五輪塔。この五輪塔の周囲に後を追って殉死(切腹)した20人の墓があります。20人もの殉死の墓があるのは奥の院では珍しいとのこと。
奥の院内に伊達家は2ヶ所あります。



鳥取 池田家墓所 とっとり いけだけ ぼしょ



 



井伊掃部頭 霊屋(井伊直弼 墓所) いいかもんのかみ れいおく(いいなおすけ ぼしょ)



[音声ガイド 60]

井伊直弼の霊屋。「掃部頭」は井伊直弼の官位の名称です。
見つけづらい場所にあります。
「中之橋霊園 この先200m」の看板の近く、参道左側です。



相模 小田原 大久保家墓所 さがみ おだわら おおくぼけ ぼしょ



 



大阪市老人クラブ連合会 供養塔 おおさかし ろうじんくらぶれんごうかい くようとう



一般社団法人 大阪市老人クラブ連合会。
1962年頃に建てられ、毎年、法要を行っているようです。



豊後福山 水野家4代 勝種墓所 ぶんごふくやま みずのけ4だい かつたね ぼしょ



大分県大分市 水野勝種



堀尾吉晴 ほりおよしはる



豊臣秀吉の「三中老」という役職についたうちの一人。
海軍整備科の碑の奥にある古い五輪塔です。
堀尾吉晴は中央のもの。両脇のは2代目、3代目のもの。
堀尾家と仲の良かった山内一豊の五輪塔が近くにあります。元々、周囲に柵があったものが今は無くなっているとのことです(情報元[1])。



海軍整備科予備練習生記念之碑 かいぐんせいびか よびれんしゅうせい きねんのひ



 



弘法大師 護摩鉢(弘法大師 護摩石) こうぼうだいし ごまばち(こうぼうだいし ごまいし)



この写真の中央(建っている碑の左下)にある白い石です。



福岡県 老人クラブ連合会 供養塔 ふくおかけん ろうじんくらぶれんごうかい くようとう



公益社団法人 福岡県老人クラブ連合会



町石(24町) ちょういし



町石については別のページにまとめました。
[ 町石 ]



薩摩 島津家 初代家久 2代光久 綱久 墓所 さつましまづけ しょだいいえひさ 2だいひさみつ つなひさ ぼしょ



[音声ガイド 62]

真ん中の大きなものが島津家久。「4番石」と呼ばれる奥の院で4番目に大きい五輪塔。
島津綱久は2代光久の長男で、父より先に亡くなった人物です。



土佐高知 山内家 墓所 とさこうち やまうちけ ぼしょ



山内一豊の山内家の墓所。



スバル興業株式会社 墓所 すばるこうぎょうかぶしきがいしゃ ぼしょ



阪急阪神東宝グループ、スバル興業株式会社の墓所。



明智光秀 墓所 あけちみつひで ぼしょ




[音声ガイド 64]

明智光秀の墓、首塚、胴塚は全国に8箇所ほどあるそうです。
織田信長の怨念によって、五輪塔を何度立てても割れてしまうという伝承があります。
明智光秀を示す銘文がなく、あくまで伝承で光秀の墓といわれているとのことです(情報元[1])。



石田三成 墓所 いしだみつなり ぼしょ



[音声ガイド 63]

石田三成が30歳のときに生前葬をして建てたもの。
天正18年(1590年)当時ではこの五輪塔が一番大きかったとのことです(情報元[1])。



信州 高遠 内藤家墓所 しんしゅう たかとお ないとうけ ぼしょ



 



上州 高崎 安藤家墓所 じょうしゅう たかさき あんどうけ ぼしょ



 



高野山海軍航空隊 平和祈願供養塔 こうやさん かいぐんこうくうたい へいわきがん くようとう



 



伊勢 津 藤堂家 墓所 いせ つ とうどうけ ぼしょ



墓の写真を撮れておらずすみません。
 



河内 高木家 墓所 かわち たかぎけ ぼしょ


拡大写真なし
河内国丹南藩主の高木家



奥州 相馬家 墓所 おうしゅう そうまけ ぼしょ



 



長州 萩 益田家 墓所 ちょうしゅう はぎ ますだけ ぼしょ



 



日向 飫肥 伊東家墓所 ひゅうが おび いとうけ



 



紀州徳川家 8代重倫 9代治貞 11代斉順 12代斉彊 墓所 きしゅうとくがわけ 8だいしげのり 9だいはるさだ 11だいなりゆき 12だいなりかつ ぼしょ



 



筑後 久留米 有馬家 墓所 ちくご くるめ ありまけ ぼしょ



有馬豊氏が有名な有馬家の墓所。奥の院には有馬家の墓所がもう一つあります。



陸奥 白河二本松 丹羽家 墓所 むつ しらかわにほんまつ にわけ ぼしょ



丹羽長重(ながしげ)墓所、丹羽重長(しげなが)の嫡男にあたる人。
二本松城主。3回忌で建てたもの(情報元[1])。



出羽 庄内藩主 酒井家墓所 でわ しょうないはんしゅ さかいけ ぼしょ



 



伊勢桑名城主 本多忠勝 墓所 いせくわなじょうしゅ ほんだただかつ ぼしょ




右から2つ目の大きなほうが本多忠勝の宝篋印塔。
その左の小さい方が奥様のもの(情報元[1])。



子授け地蔵 こさずけじぞう



 



吉富製薬株式会社 墓所 よしとみせいやく かぶしきがいしゃ ぼしょ



 



信州 飯山 佐久間家墓所 しんしゅう いいやま さくまけ ぼしょ



 



南海電鉄創業者 松本重太郎翁の墓 なんかいでんてつそうぎょうしゃ まつもとじゅうたろうおうのはか



南海電鉄の前身、阪堺鉄道の創業者、松本重太郎の墓。
石ではなく青銅製だそうです。
電車を利用して高野山を訪れる場合、南海電鉄高野線に乗ることになります。



町石 (26町) ちょういし



 



遠州掛川 北條家墓所 えんしゅう かけがわ ほうじょうけ ぼしょ



 



初代市川團十郎 墓所 しょだい いちかわだんじゅうろう ぼしょ



[音声ガイド 65]



棺掛桜 かんかけざくら



 



中の橋 なかのはし



奥之院の参道のほぼ中間地点です。
中の橋大駐車場側の入口から入っても、この橋は通りません。
この橋をわたるとすぐ、汗かき地蔵と姿見の井戸があります。



汗かき地蔵 あせかきじぞう



[音声ガイド 67]

世の中の人の苦しみを引き受けているので、いつも汗をかいていると言い伝えられるお地蔵様。
「汗かき地蔵」は全国各地にあります。



姿見の井戸 すがたみのいど



[音声ガイド 68]

井戸の底の水面に自分の姿が映らなければ3年以内に死ぬという言い伝えがあります。
覗いてみましたが、自分の姿は映りました。
暗くなってから覗くのはやめたほうがいいと思われます。



覚鑁坂 かくばんざか



密厳堂の付近にある石段。
ここで転ぶと3年以内に死ぬといわれています。
特に雪の日は気をつけましょう。
石段が普通の階段とはちがって踏面が広く歩きづらいですが、僧の修行のため歩きづらくしてあるのだそうです。

転ぶと3年以内に死ぬという伝承のある坂は、東京や京都(産寧坂)、和歌山市にもあります。



泉州 岸和田 岡部家墓所A せんしゅう きしわだ おかべけ ぼしょ



 



北ボルネオ戦没者墓所 きたぼるねおせんぼつしゃ ぼしょ




 



住友本家の墓所 すみともほんけのぼしょ



写真は墓所へと向かう石段です。墓は撮影していません。



禅尼上智碑(禅尼上智墓所) ぜんにじょうちひ(ぜんちじょうに ぼしょ)



[音声ガイド 69]

写真中央にある高さ90.9cmの碑。
この供養塔に耳をあてると、極楽の声に似た音が聞こえるという言い伝えがあります。



小林家墓所・小林製薬株式会社 有縁物故者供養塔 こばやしけぼしょ こばやしせいやくかぶしきがいしゃ ゆうえんぶっこしゃくようとう



 



森下家墓所・仁丹有縁物故者供養廟 もりしたけぼしょ じんたんゆうえんぶっこしゃくようびょう



「森下仁丹株式会社」の森下家の墓。



パナソニック 墓所 ぱなそにっく ぼしょ



株式会社として建てられた企業墓としては記録上最も古いのがこの松下電器のもので、1938年とのこと。毎年9月に慰霊の法要を開いているそうです(情報元[日本経済新聞Web刊 2016/7/16])

2008年、松下電気からパナソニックに社名変更されて1日で石塔もパナソニックに変わったそうです(情報元[1])。
「松下電器墓所」の社名の碑は、現在も残っています。



株式会社クボタ (久保田鉄工株式会社墓所) かぶしきがいしゃ くぼた (くぼたてっこうかぶしきがいしゃ ぼしょ)



 



密厳堂 みつごんどう



[音声ガイド 70]

真言宗の宗派の一つ「新義真言宗」の開祖、覚鑁上人興教大師(かくばんしょうにん こうきょうだいし)を祀るお堂。
参考:覚鑁(Wikipedia)
参考:新義真言宗(Wikipedia)



日本臓器製薬株式会社 供養塔 にっぽんぞうきせいやく かぶしきがいしゃ くようとう



小西甚右衛門は日本臓器製薬株式会社の前社長(2002年没)です。



伊予 大洲 加藤家墓所 いよ おおず かとうけ ぼしょ



 



羽州 山形 最上義光公墓所 うしゅう やまがた もがみよしあきこう ぼしょ



 



信州 高遠 鳥居家墓所 しんしゅう たかとお とりいけ ぼしょ



 



丹波 出石 小出家墓所 たんば いずし こいでけ ぼしょ



 



高麗陣敵味方戦死者供養碑 こうらいじん てきみかた せんししゃくようとう



高麗陣とは、1592年の文禄・慶長の役のこと。
島津家が活躍した、秀吉の朝鮮出兵のときのもの。
味方だけでなく敵方である高麗のためにも建てた供養塔。
島津家は敵方のためにも供養塔を建てたそうです。



慈眼堂 河野宗寛老師 歌碑 じげんどう こうのそうかん かひ






豊後 岡 中川家墓所 ぶんご おか なかがわけ ぼしょ



 



安芸 浅野家 墓所 あき あさのけ ぼしょ




「二番碑」と呼ばれ、奥の院で2番目に大きい石塔。
浅野長晟(ながあきら)夫人だった徳川家康の三女・振姫(ふりひめ)の墓。高齢出産のため、出産の16日後に38歳で亡くなった人物です(情報元[1])。



前田利家とまつの墓 まえだとしいえとまつのはか




右側(?)が前田利家の宝篋印塔。2010年頃発見されました。
くずれかかっているものが、夫人のまつのもの。
ガイドマップに載っておらず、案内標も立っていません。
まつが100カ日法要をしたとき生前葬をしたそうです。
(情報元[1])



泉州 熊取 根来家 墓所 せんしゅう くまとり ねごろけ ぼしょ



 



長州 毛利家 墓所 ちょうしゅう もうりけ ぼしょ



 



ビルマ方面戦没英霊納骨塔「パゴダ」(ビルマ塔) びるまほうめん せんぼつ えいれい のうこつとう「ぱごだ」(びるまとう)



昭和55年建造。
公式サイト:高野山 成福院



閑院家墓所 かんいんけ ぼしょ



 



伊勢 亀山 石川家墓所 いせ かめやま いしかわけ ぼしょ



 



江戸 焼死者追悼碑 えど しょうししゃ ついとうひ



伊勢亀山石川家墓所と同じ写真です
 



宇宙大神霊 うちゅうだいしんれい



インパクトがあったので調べてみました。
宇宙大神霊と刻まれた柱に「吉村長慶(よしむらちょうけい)」とあります。
幕末から昭和初期にかけての実業家で、昭和17年(1942年)没。 自らを「宇宙菴」と称して、「宇宙教」や「如来道」という宗教を創始した人物だそうです。

参考:吉村長慶!?大阪市・大念佛寺に残る奇妙な石造物の謎に迫る(たびねす)



肥後 福山 水野家墓所 ひご ふくやま みずのけぼしょ



 



奥の院の参道 (「中の橋 大駐車場」からのルート)

高野山 奥の院には、有名企業の慰霊碑も立てられています。
有名企業の慰霊碑を見るなら中の橋大駐車場(バス停:奥の院前)からのルートがオススメになります。
観光バスや自動車は、中の橋駐車場に停めますので、こちらから奥の院に入るのが一般的です。
企業墓には分骨はされておらず、名簿などが収められているとのことです。

現在約100社の企業墓があり、古くは江戸時代に旅籠や商店が石碑を立てていたそうです(情報元[日本経済新聞Web刊 2016/7/16])



中の橋 入り口



中の橋大駐車場の前にある参道の入り口。
大型バスの団体客などはこの駐車場に停めて、ここから参拝に向かうようです。

入ってすぐ左手に手水場があります。
右手に関連書籍やグッズなども販売している場所がありましたが、2016年11月頃に閉鎖されました。



新明和工業 慰霊碑 しんめいわこうぎょう いれいひ



年号が刻まれているものが2つあり、それぞれ昭和44年(1969年)、昭和46年(1971年)となっています。
石碑に刻まれた文章によると、ロケットの建立は昭和44年11月5日。アポロ11号を模したとのこと。アポロ11号が月面着陸に成功したのが同年の7月です。
参考:アポロ11号 (Google 画像検索)

新明和工業株式会社は、こことは別に一の橋から入ってすぐの場所に「航空殉難者之碑」も建てています。



土木建築殉職者之墓 どぼくけんちく じゅんしょくしゃのはか



正式な表記は「圡木建築殉職者之墓」。
社団法人 全国建設専門工事業団連合会 建立。



福助株式会社 ふくすけかぶしきがいしゃ



平成4年11月、創業110周年記念で建立



一般社団法人 シニア総合サポートセンター いっぱんしゃだんほうじん しにあそうごうさぽーとせんたー



「共助」の文字は、シニア総合サポートセンターの最高顧問である海部俊樹 元総理大臣によるもの。
参考:逝去された会員の御霊を祀る供養塔を高野山に建立



大阪府石材事業協同組合 おおさかふ せきざいじぎょう きょうどうくみあい



毎年10月頃に慰霊祭法要を行っているようです。
参考:大阪府石材事業協同組合



東洋ゴム工業 とうようごむこうぎょう





海防艦大東戦歿英霊塔 かいぼうかん だいとう せんぼつ えいれいとう



拡大写真なし
 



株式会社ヤクルト かぶしきがいしゃやくると




ヤクルトの企業墓が作られたのは1964年(昭和39年)5月。
当初は石造りの巨大なヤクルトの容器はなく、2014年頃に慰霊法要50回記念として建てられたようです。
毎年5月下旬頃に慰霊法要が行われており、参道にパイプ椅子が並べられ大勢の関係者が参加しています。



与謝野晶子 句碑 よさのあきこ くひ



「やははだの(やわ肌の) あつき血潮に ふれも見で さびしからずや 道を説く君」



親鸞 墓所 しんらん ぼしょ




[音声ガイド 94]

高野山は真言宗ですが、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞のように他の宗派の人物の墓もあるのが興味深いです。
上段の写真は2011年撮影。2016年に訪ねたところ建物が崩れており、ブルーシートがかかっておりました(下段の写真)。



シャープ 供養塔 しゃーぷ くようとう



楕円形の中にSharpと書かれたロゴは、現在でも社員章として使われているそうです(情報元:Twitter公式アカウント



紀陽銀行物故者慰霊塔 きようぎんこう ぶっこしゃ いれいとう



昭和50年9月9日、創業80周年記念で建立。
本店は和歌山県和歌山市。



株式会社 三輝(SK GROUP) 供養塔・慰霊塔 かぶしきがいしゃ さんき (えすけー ぐるーぷ) くようとう・いれいとう



不動産、建設、貴金属類の買取りなどを手がける企業



社団法人 日本しろあり対策協会 しゃだんほうじん にほんしろありたいさくきょうかい



おもしろ画像サイトなどでしばしば紹介される「しろあり慰霊碑」。
建立は1971年(昭和46年)4月7日。



千代田生命 先人之碑 ちよだせいめい せんじんのひ



昭和39年、創業60周年記念で建立



動物供養塔 どうぶつ くようつとう



昭和42年9月建立。実験動物のための供養塔。



日産自動車 物故従業員慰霊碑 にっさんじどうしゃ ぶっこじゅうぎょういんいれいひ



 



小松製作所 こまつせいさくしょ



昭和51年5月13日。創立55周年記念で建立。



姜家之墓所 きょうけのぼしょ




パチンコ業界で財を成した姜家の墓とのこと。
2017年時点で、墓銘碑には何も刻まれていません。



和歌山 湊組関連企業 物故社員墓所 わかやま みなとぐみ かんれんきぎょう ぶっこしゃいれいひ



 



株式会社 ジェイテクト 慰霊碑 かぶしきがいしゃ じぇいてくと いれいひ



機械製品、電子制御機器メーカー



UCC上島珈琲 株式会社 ゆーしーしーうえしまこーひー かぶしきがいしゃ




UCCホールディングスの企業墓。
コーヒーカップの中は茶色い石になっています。
上段の写真は2016年、下段の写真は2015年頃撮影で、この間にUCCの文字が赤く修正されたことが分かります。



雅興産 みやびこうさん



大阪市にあった企業(平成25年倒産)の供養塔と思われます。



EH株式会社(エクセルヒューマン) いーえいちかぶしきがいしゃ



 



学校法人 甲子園学院 物故者 慰霊塔 がっこうほうじん こうしえんがくいん ぶっこしゃ いれいとう



逆光です。すみません。



山口誓子 句碑 やまぐちせいし くひ



「夕焼けて西の萬億土透く」



落書塚 らくがきづか




昭和43年、落語家の初代 柳家金語楼(1972(昭和48年)没)が建立。
自由に落書きできます。
「らくがきは即ち良久加幾、良いこと」とあり、らくがきを「良久加幾」と当てているようです。



花菱アチャコ句碑 はなびしあちゃこくひ



漫才師、花菱アチャコ(1974年没)の句碑。
1970と刻まれていますが、没後に建立されたものです。



写真業界先賢万霊之碑(寫真業界先賢萬靈之碑) しゃしんぎょうかい せんけんばんれいのひ



昭和31年6月1日建立



キリングループ 供養塔 きりんぐるーぷ くようとう




建立は1980年(昭和55年)11月のようです。



東日本大震災物故者慰霊碑 ひがしにほんだいしんさい ぶっこしゃ いれいひ




2013年(平成25年)3月建立。
下段の写真は2012年6月撮影の建立される以前の状態です。



阪神淡路大震災物故者慰霊碑 はんしんあわじだいしんさい ぶっこしゃ いれいひ



 



中の橋大駐車場からA (石畳の参道からはずれた場所)



英霊殿 えいれいでん



第2次世界大戦の供養のため1952年(昭和27年)に建立。
内部は非公開です。



無縁塚 むえんづか



[音声ガイド 93]

無縁仏が積み上げられています。



高野山持明院 佛舎利宝塔 こうやさん じみょういん ぶっしゃりほうとう



昭和62年4月22日建立。
永代供養の会員を祀っている場所です。持明院が管理しています。
詳細はこちら:持明院 はすの会



アジア航測グループ慰霊碑 あじあこうそくぶるーぷ いれいひ



航空計測などの事業を行う、アジア航空計測グループの慰霊碑。



海軍通信学校 第41期 慰霊碑 かいぐんつうしんがっこう だい41き いれいひ



 



電気化学工業株式会社 でんきかがくこうぎょう かぶしきがいしゃ



2015年5月1日、創立100周年記念で建立。
なお、電気化学工業は同年10月に「デンカ株式会社」に社名を変更しています。



前橋陸軍予備士官学校慰霊碑 まえばしりくぐん よびしかんがっこう いれいひ



昭和59年5月27日建立。



昭和殉難者 法務死追悼碑 しょうわじゅんなんしゃ ほうむし ついとうひ



平成6年5月14日建立。 戦犯として拘束されたまま亡くなった殉難者の碑。
参考:昭和殉難者法務死追悼供養碑を守る会



枢議 参与 慰霊碑 すうぎ さんよ いれいひ




大東亜戦争 一般無縁者之墓 だいとうあせんそう いっぱんむえんしゃのはか



 



尼崎市 戦没者供養塔 尼崎市遺族会会員供養塔 あまがさきし せんぼつしゃくようとう あまがさきしいぞくかいかいいんくようとう



 



四国八十八ヶ所お砂踏処 しこく88かしょ おすなふみどころ



 



南海電気鉄道株式会社 なんかいでんきてつどう かぶしきがいしゃ



 



アンボン島 海軍特別陸戦隊 戦士之碑 あんぼんとう かいぐんとくべつりくせんたい せんしのひ



昭和40年8月 終戦20周年記念で建立



大師陀羅尼製薬 供養塔 だいしだらにせいやく くようとう



 



高野山大学 墓所 こうやさんだいがく ぼしょ



 



大阪瓦斯株式会社 (大阪ガス) おおさかがす かぶしきがいしゃ (おおさかがす)



 



南海化学 株式会社 なんかいかがく かぶしきがいしゃ



 



富士車輌 株式会社 供養塔 ふじしゃりょう かぶしきがいしゃ くようとう



 



三和電気土木工事 株式会社 さんわでんきどぼくこうじ かぶしきがいしゃ



 



梅一中店



 



南海汽船株式会社 なんかいきせん かぶしきがいしゃ



 



海軍通信学校 第52期生 慰霊之碑 かいぐんつうしんがっこう だい52きせい いれいのひ



 



総本山 金剛峯寺 役職員 物故者墓所 そうほんざん こんごうぶじ やくしょくいん ぶっこしゃぼしょ



 


奥の院の参道 (一の橋、中の橋 どちらのルートからも合流したあと)



崇源院(徳川秀忠夫人)墓所(江姫) すうげんいん(とくがわひでただふじん)ぼしょ (ごうひめ)



[音声ガイド 73]

浅井長政の3女であり2代将軍秀忠の妻である、江(ごう)の石碑。
「一番石」「一番碑」と呼ばれ、奥の院で最も大きい五輪塔です。
墓石の高さは6.6m。一番下の基段は畳8帖ぶんの大きさ。

1627年(寛永4年)、江の1周忌のときに建てたもので、建てたのは弟の忠長。
江の戒名である崇源院殿(すうげいいんでん)と刻まれています(情報元[1])。



天樹院 千姫 供養塔 てんじゅいん せんひめ くようとう



[音声ガイド 72]

豊臣秀頼・本多忠刻の正室、千姫の供養塔。
母親である江の墓の近くにあります。
天樹院は号(本名とは別に使用する名)です。



士官学校 慰霊塔 しかんがっこう いれいとう



 



越後村上 堀家 墓所 えちごむらかみ ほりけ ぼしょ



 



芭蕉句碑 ばしょうくひ



[音声ガイド 74]

「父母の しきりにこいし 雉の声」と刻まれています。
1688年(元禄元年)、芭蕉が45歳の時に詠んだ句です。



お化粧地蔵 おけしょうじぞう



 



大津籠戦死者追悼碑




「大津籠」は、おおつろう、あるいは、おおつごもり かと思いますが正確な読みは分かりません。
大津城の戦い(Wikipedia)



京極高次 きょうごくたかつぐ



京極高次の宝篋印塔(ほうきょういんとう)。2015年時点でガイドマップに掲載されておらず、案内標も立っていません(情報元[1])
浅井長政の宝篋印塔の近くにあります。



浅井長政 あざいながまさ



浅井長政の宝篋印塔。案内標もなくガイドマップにも載っていません(2015年現在)。(情報元[1])
赤く塗られたお地蔵さん「お化粧地蔵」が目印です。
「大津籠城戦死者追悼」の奥の木の脇にあります。



町石(31町) ちょういし



 



父母恩重碑 ぶも おんじゅう ひ(ぶぼ おんじゅう ひ)



 



奥州 南部家 墓所 おうしゅう なんぶけ ぼしょ



 



前田利長 五輪塔(加賀 前田家 供養塔) まえだとしなが ごりんとう(かが まえだけ くようとう)



[音声ガイド 75]
「三番石」または「三番碑」と呼ばれ、奥の院で3番目に大きな五輪塔。



加賀 前田利長夫人墓所 かが まえだとしながふじん ぼしょ



三番碑の向かい側(御廟に向かう方向を見て参道左側)に立っているのが前田利長の奥さんの栄姫(えいひめ)の墓所。織田信長の5女。



越前 結城秀康 霊屋 えちぜん ゆうきひでやす れいおく



[音声ガイド 76]

「結城秀康(家康次男)石廟」の表示があります。
重要文化財。 右側が徳川家康の次男 徳川秀康(松平秀康)。左側が母親である、お万の方。
越前から運ばれた笏谷石(しゃくだにいし)で作られており、当初は極彩色だったとのこと。
中には総金箔の石塔が入っているそうです。(情報元[1])



法然上人 円光大師 供養塔 えんこうだいし くようとう



[音声ガイド 77]

浄土宗の開祖、法然。圓光大師とも表記されています。
「円光」は法然の死後につけられた名前=諡号(しごう)です。



安芸浅野家3代 浅野幸長 供養塔 あき あさのけ3だい あさのゆきなが くようとう



[音声ガイド 78]
「2番石」と呼ばれ、奥之院で2番目に大きな五輪塔。
中央が浅野長政。右側が幸長(ゆきなが 2代目)の供養塔。



加賀前田 二代目 利長 墓所 かがまえだ 2だいめ としなが ぼしょ



[音声ガイド 75]



横浜 明倫学園・横浜清風高等学校 よこはま めいりんがくえん・よこはませいふうこうとうがっこう



 



美濃加茂城主 松平忠政 墓所 みのかもじょうしゅ まつだいら ただまさ ぼしょ



奥平忠政(おくだいら ただまさ)とも。
美濃加納藩2代目藩主。



相模 三浦向井家 墓所 さがみ みうら むかいけ ぼしょ



 



安芸 浅野家墓所 あき あさのけ ぼしょ



[音声ガイド 78]



阿弥陀仏 名号の碑 あみだぶつ みょうごうのひ



「各号の碑」と書かれているように見えますが、「名号の碑」です。
名号とは、仏や菩薩の名のことを意味します。



筆塚 ふでづか



 



宝井其角 句碑 たからいきかく くひ



松尾芭蕉の弟子で「蕉門十哲」と呼ばれるうちの一人、宝井其角の句碑。
「卵塔の 鳥居やけにも 神無月」とあります。



豊臣家 墓所 とよとみけ ぼしょ




[音声ガイド 79]

秀吉の墓は中央の大きいもので、1940年(昭和15年)に奉公会という秀吉を信奉する人々が建てた新しいもの。墓の中には、秀吉の衣冠束帯(正装した姿)の木造がおさめられているという言い伝えがあります(情報元[1])。
前面にあるのは、一族の墓です。

「高野山ガイドブック」(金剛峯寺 2015年発行)によると 一族の供養塔や逆修碑は1587年〜1592年にかけて建立されたとあります。
逆修碑(ぎゃくしゅひ)とは生前に建てた碑のことです。



織田信長・筒井順慶 墓所 おだのぶなが・つついじゅんけい ぼしょ



[音声ガイド 80]

明智光秀の墓からは1kmほど離れています。
信長の墓所は全国に20箇所以上あるそうです。

信長に仕えた筒井順慶と隣同士になっています。



宇宙庵 長慶壽碑 --



「壽碑」とは、生きているうちに建てた碑のこと(読み方は不明です)。
宇宙庵については宇宙大神霊をご参照下さい。



浅野内匠頭 墓所・赤穂四十七士の碑 あさのたくみのかみ ぼしょ あこうしじゅうしちしのひ



[音声ガイド 92]



興山応其上人廟 こうざんおうご しょうにん びょう



木食応其上人 霊屋(もくじきおうごしょうにん れいおく)と記載しているガイドブックもあります。
安土桃山時代の僧で、「木喰」と表記する場合もあるようです。
豊臣秀吉の高野山攻めを阻止した立役者です。



頌得殿 しょうとくでん



茶処。休憩所です。



御供所 ごくしょ



[音声ガイド 81]

御朱印はこの建物で頂くことができます。



嘗試地蔵 あじみじぞう



御供所のすぐ隣にあります。
生身供で弘法大師に届ける食事を毒味する儀式が行われる場所です。生身供については別項で詳しく解説します。
[生身供]



弘法大師御廟 バリアフリー参経路 こうぼうだいしごびょう ばりあふりーさんけいろ




護摩堂のわきに、公衆トイレへ向かう通路があります。そこを進むと「バリアフリー経路」の看板が見える門があります。
石段を登らずに「燈籠堂」まで向かうことができます。



護摩堂 ごまどう



 



水向け地蔵 みずむけじぞう



[音声ガイド 82]

地蔵に水をかけてから、御廟橋を渡ります。



御廟橋 ごびょうばし



御廟の少し手前にあるのが「御廟橋」。
弘法大師がこの橋まで参拝者を出迎えに来てくれているそうですので、合掌、一礼してから橋を渡ります。

橋を構成する36枚の板の裏には梵字が刻まれているとのこと。

高野山の中で最も重要な聖域ですので、ここより先は撮影禁止です。テレビ取材も滅多に許可されていません。
お坊さんに写真撮影を注意されている人もたまに見かけます。


御廟橋から燈籠堂の間にあるのは
春日局の供養塔 徳川家光の乳母。非公開。
歴代天皇陵(後歴代仙陵) 非公開。
弥勒石(みろくいし) 善人には軽く悪人には重く感じられる石。自由に触れますが、まず持ち上がりません。
などなど……。



燈籠堂(灯篭堂) とうろうどう



石段を登った先にあるのは「燈籠堂」という大きな建物。
空海の甥が建立。その後、藤原道長によって現在の大きさになったとのこと。
現在の建物は1965年(昭和40年)に建造。

燈籠堂には奉納された2万以上の灯篭があります。
お札、お守りなどは、ここで買うことができます。
燈籠堂の地下には、奉納された5万体もの小さな弘法大師像が並んでいます。

・灯籠堂の参拝可能時刻は早朝5時半から。
・灯籠堂の扉が閉まるのは午後5時(当方未確認)。
・扉が閉まったあとは、燈籠堂の周りをまわって裏側にある御廟で参拝可能です。



御廟(弘法大師御廟) ごびょう



燈籠堂の裏手に「弘法大師御廟」があります。
御廟の中に入ることはできませんので、その前で多くの人がお祈りをしています。
弘法大師は、御廟の地下で今も瞑想を続けています。
御廟に30センチほどの穴があり、そこから弘法大師が出たり入ったりしているとのこと。
また、燈籠堂の地下に弘法大師が描かれた絵が掲げられていますが、この絵の位置が、弘法大師が瞑想している場所と同じ高さだそうです。

このサイトについて


    [高野山 奥之院 かなり完璧ガイド は趣味で作成した個人運営のサイトです]
  • 私は和歌山県在住ではありませんが、高野山には諸事情で何度も訪ねています。
    個人的に見聞きしたこと、調べたことをまとめておく忘備録の目的でこのページを制作しました。
    奥之院をこれだけの量の写真で紹介しているサイトは少ないと思いますので、高野山や奥之院をもっと知りたいと考えている方の参考になれば幸いです。
  • 記載内容の誤りは、今後の調査で順次修正していきます。
  • 写真がブレていた、余計なものをトリミングした関係で写真が小さくなった、などの理由で拡大写真を掲載していないものが一部あります。

  • [ 転載について ]
  • サイト内容は自由に転載して頂いて構いませんが、記載内容に誤りがある可能性をご承知おきください。
  • 転載した際は、情報出典としてこのサイトにリンクを貼っていただけるとありがたいです。
  • ここに掲載した写真を、墓や供養塔の管理者に無断で商用利用することはご遠慮ください。

  • [ 更新履歴 ]
  • 2017.07.23 大幅リニューアル。記載内容の誤りの修正。写真大量追加および差し替え。

  • [ お墓配置マップβ版について ]
  • Googleマップに掲載されている参道を示す線に合わせてマーカーを配置しましたが、Googleマップの参道の線はあまり正確ではないようです。実際の位置とは若干の差異が生じていることをご了承下さい。