ページトップへ戻る

DIGITAL DNA
2019.08.12 - 2019.10.12
Max Script 基本文法:関数(function)

目次
「MaxScriptヘルプ」の見かた
デバッグ用に変数の値などを表示したい
スクリプトファイルの拡張子
コメントの記述

・MaxScript基本文法
 ├変数
 ├演算子
 ├文字列
 ├配列
 ├ループ
 ├条件分岐・エラー回避処理
 └関数(Function)



関数(Function)
基本的な書式1
引数がない関数

関数本体
function [関数名] =
(
  [処理を記述]
)


関数の呼び出し
[関数名]()


基本的な書式2
引数がある関数

関数本体
function [関数名] [引数] [引数]
(
  return [戻り値]
)


関数の呼び出し
[戻り値を受け取る変数] = [関数名] [関数に渡す値] [関数に渡す値]


Max Scriptのサンプル
function my_func = 
(
	print "テキストを表示するカスタム関数"
)

my_func()


Max Scriptのサンプル
function my_func arr1 arr2 = 
(
	print arr1 + "\n" + arr2
	return "done"
)

ans = my_func "表示する文字列1"  "表示する文字列2"
print ans