ページトップへ戻る

岐阜県のアニメ聖地一覧・地図と詳しい解説

Posted on 2019.03.17



目次




岐阜が舞台のアニメ・マンガ聖地マップ
岐阜県内のおもな聖地と、公共交通機関をまとめた地図を制作しました。

主要な舞台が岐阜県ではなく、テレビ放送から年数が経過したものは地図から省いています。
また、岐阜にゆかりの深い武将(織田信長など)が登場するものなど、戦国時代モノも未掲載としました。

▼Twitterの画像をクリックすると大きなサイズの画像になります。






岐阜県が登場するおもな作品
岐阜県は「47都道府県魅力度ランキング」では、ほぼ毎年最下位に近い位置にランクインしているマイナー県(2018年は魅力度40位)ですが、なぜかアニメの舞台として登場することが多いという不思議な現象が起こっています。

アニメに登場することがが多い原因について、作者が出身地を舞台とした作品を作ったから、というものがあります。
そこで、地図に掲載した作品と作者の出身地をまとめました。



ひぐらしのく頃に
白川村 ゲーム:2002年から



君の名は。
飛騨市:飛騨古川駅、飛騨市図書館
映画:2016年公開



氷菓
高山市:JR高山駅近辺、飛騨一宮水無神社など
原作:2001年から
アニメ:2012年
米澤穂信:飛騨市生まれ



星空へ架かる橋
高山市:JR飛騨一ノ宮駅近辺
ゲーム:2010年
アニメ:2011年



僕らはみんな河合荘
岐阜市:岐阜駅周辺、長良橋、金華橋周辺など
原作:2010年から
アニメ:2014年
宮原るり:岐阜出身



恋愛ラボ
岐阜市:岐阜駅周辺、長良橋、金華橋周辺など
原作:2006年から
アニメ:2013年
宮原るり:岐阜出身



ルドルフとイッパイアッテナ
岐阜市が少し登場(金華山ロープウェー)
原作:1986年
劇場版:2016年



僕は友達が少ない
Amazon
岐阜市:長良公園
瑞穂市
原作:2009年から アニメ:2011年、2013年
平坂読:岐阜県出身



聲の形
大垣市:四季の広場、大垣駅、市民病院、鶴見斎場
養老町:養老の滝、養老天命反転地
岐阜市:岐阜駅前
原作:2011年
劇場版:2016年
大今良時:大垣市出身
メインの舞台モデルは大垣市。作中では「水門市(すいもんし)」という設定になっています。養老町、岐阜市も登場します。
「舞台モデル」であり「作品の舞台」と表現されていませんが、実在の場所が非常に多く登場します。

漫画版と映画版では、硝子が住んでいるマンションがある場所が違っています。
映画版では、大垣市役所がある場所にマンションが建っていることになっていますが、漫画版では大垣駅の近くにあるマンション「シャルマンコーポ大垣駅前」がモデルです。
なお、登場する高校のモデルは岐阜県内の高校ではなく、東京にある駒込高校となっています。
舞台モデル紹介(大垣市観光協会)



バンめし♪
郡上市
ゲーム:2018年



のうりん
美濃加茂市:美濃太田駅、加茂農林高校
原作:2011年
アニメ:2014年
白鳥士郎:多治見市出身



BanG Dream! 2nd Season (バンドリ! 2期)
美濃加茂市が少し登場(美濃太田駅近くの楽器店)
アニメ:2019年
登場キャラクター朝日六花(あさひろっか)の出身地として登場。
主人公でないものの、多くの登場人物がいる中、公式サイトのプロフィールに唯一、出身地が掲載されているキャラクターです。
アニメに登場する場所は、美濃加茂市にある「加茂ブラザーミュージックセンター」。大きな黄色いギターの看板がついた楽器店です。
市営バスが出てくる場面もあり、岐阜県に実在する地名をもじった地名が表記されています。
関連リンク:BanG Dream!(公式サイト)



ひそねとまそたん
各務原市(航空自衛隊岐阜基地)
アニメ:2018年
各務原市の町並みなどは登場しませんが、岐阜アピールが強い作品です。
作中では、主人公の甘粕ひそね(あまかすひそね)が「岐阜の顔」としての役割を担い、岐阜県が制定する県民歌「岐阜県民の歌」がBGMに使われました。



青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
大垣市が少し登場
原作:2014年から
アニメ:2018年
メインの舞台は神奈川県。アニメ第2話、第3話で登場人物が電車で大垣市を訪れる場面があります。
登場する場所は、JR大垣駅、駅前商店街。「スーパーホテル 大垣駅前」で宿泊します。



電波男と青春女
アニメにJR岐阜駅など岐阜県内の各所の駅が登場します。主要な舞台は名古屋です。



刀使ノ巫女(とじのみこ)
 
主人公の衛藤可奈美(えとうかなみ)が美濃関学院中等部の2年生という設定です。
岐阜県関市にある博物館・関鍛冶伝承館が巡礼ノートを設置していました。 「2019年版 アニメツーリズム」に聖地として選出されているものの、場面としてはアニメ第1話に東海道新幹線の岐阜羽島駅が登場する程度です。



咲 -Saki-
 
アニメ第25話が中津川市の馬籠宿を舞台としたストーリーとなっています。



ギルティクラウン
 
アニメ第9話に「カトリック多治見教会 (多治見修道院)」が登場しています。






岐阜県の地名由来のキャラクターが登場する作品

妹さえいればいい。
原作:2015年 アニメ:2017年
登場人物名が岐阜県の地名
主な舞台:東京
平坂読:岐阜県出身
主な舞台は東京。
多くの登場人物の名前が岐阜県の地名になっています。
羽島伊月、羽島千尋、白川京、恵那刹那、大野アシュリー、山県きらら、可児那由多、 不破春斗、土岐健次郎、三田洞さん などです。



ゆるキャン△
原作:2015年から
アニメ:2018年
主な舞台は山梨、長野、静岡など。
メインの登場人物の名前が岐阜県の地名になっています。
各務原なでしこ、斉藤恵那大垣千明、土岐綾野 です。
原作者の出身地は明らかになっていないようです。




テレビアニメ化・ゲーム化・映画化されていない作品

えびがわ町の妖怪カフェ
揖斐川町
連載:2016年から
上田信舟:岐阜県出身



GJ8マン (ジージェーエイトマン)
原作:2015年から
アニメ:2018年
故・さくらももこが手がけていた作品。動画作品としてYouTubeやニコニコ動画などで配信されています。
郡上八幡には、城や豊かな自然がありながらも観光客の集客に熱心でない雰囲気をさくらももこが気に入り、頼まれたわけでもないのにご当地のキャラクターを生み出しました。
アニメ化され、さくらももこが亡くなったあとも新作の掲載が続いています(2019年3月現在)。
GJ8マン(公式サイト)




実際には聖地ではない作品

かんなぎ
アニメ:2008年放送
Wikipediaの「岐阜県を舞台とした作品一覧」という項目に、かんなぎが掲載されていた時期がありました。
これはアニメ第10話のエンディングで「しりげやのテーマ」という歌が流れたことに由来しています。
岐阜県岐阜市尻毛に「スーパー尻毛(しっけ)」という店があり、名前が似ていたためネット上で話題になりました。
しかし、スーパー尻毛はしりげやのテーマとの関連はなく、実質的に聖地とは呼べません。
スーパー尻毛は2013年5月に閉店しています。




実写映画で岐阜県がロケ地となった作品

銀魂
劇場公開 2017年
2016年8月2日~5日頃にかけて、大垣市の八幡神社の脇の水路で撮影が行われました。



母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
劇場公開 2019年2月
エッセイ漫画の実写化。大垣市、上石津町、揖斐郡池田町で撮影が行われました。
ロケ地紹介(大垣市観光協会)




関連リンク





   
  このエントリーをはてなブックマークに追加